<< 店長のお気に入り その2 | main | ポストカードで気軽にアートを楽しむ >>
店長のお気に入り その3


青いタイルが 空の色に 海の色に見える すてきな額。
小さなイラストが収まっています。

イラストと額
互いのデザイン、雰囲気が、新しい物語をうみだす力になります。
だから、額だって大事。


またひとつ、童話がうまれます

−−−−−−−−−−−

ジャスミンの香りに包まれて・・・

中東のお姫様は、花いっぱいの中庭で遊んでいました。
いつまでも、いつまでも。

わたしは、ずっと遊んでいたいの。

気まぐれな神様は、お姫様の願いをききました。
だから7歳のまま、何百年も 花の咲き乱れる庭の中でずっと遊んでいるのです。

お姫様は、ほんのすこしだけ 魔法が使えるようになりました。
気まぐれなおまじない。
夢をかなえてくれる、魔法です。

アナタノ ユメヲ カナエテアゲルワ

約束しても忘れてしまったら、ゴメンナサイ

−−−−−−−−−−−−−−

なにかを決めたり、なにかをはじめるとき
ちょっと自分を押してくれるものがそばにあると、勇気がわいてきます。
山奥の村でカフェをはじめるとき、夢を実現するには、たくさんの勇気が必要でした。

もうダメかもしれない。

そんなときは、気まぐれな天使の魔法にだってすがりつきたい。
どんなに暗い夜でも、いつかは夜明けがやってくる。
アートは、そんなときのおまじないになれそうです。

COCO展の企画をよっきゅんさん、ららさんからいただいて、カフェでコラボ展を行っています。イラストを見て、多くの人が幸せな気持ちになれたらステキです。カフェは飲食するだけの場所ではありません。場所そのものが、なにかを生み出す力を持っている、それがカフェ。山奥の小さなカフェの試みです。
カップの中から、なにかがはじまりますよ。


カテゴリ:川内村会場にて | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coco.danony.jp/trackback/27
トラックバック