COCO展はじまりましたっ


いよいよ、COCO展のスタートです。
早朝駆けつけたよっきゅんさん(ちゃんと寝てますか〜?)、展示の最後の仕上げを行って、ほら、すっかりCOCOの世界に染まりました。

ドアを開けると、カフェでアートな空間が広がっているでしょう。



かわいいイラストのカップ。マイポットとして持ち歩けるから、すてき。
120センチのTシャツ、誰かにプレゼントしたくなるキュートなデザインです。



客席でも、イラストを楽しめます。

そして、すごいのは・・・



COCO展の解説が、各テーブルに。
ただの説明ではありません。これだけでもおもしろい読み物になっていますから、珈琲を飲みながら、「ぷぷぷ」と笑ってくださいね。

今日はSUMUSUMUのスタッフの方がいらっしゃって、花を置いてくださいました。

かわいくて、キュートで、笑える企画。
COCO展です。
おやじギャグ満載のコーナーもありますから、頭のリラックスにどうぞ。
カテゴリ:川内村会場にて | 18:20 | comments(2) | trackbacks(0)
店長のお気に入り〜COCO


COCO展のイベントの中で、店長がお気に入りなのはこれ。
自分の本当の姿にかえってみようという、ちょっとした企画です。



こんな風に、笑いあうだけ。
ただそれだけの展示です。

大人になると、おなかをかかえて大笑いすることって、どんどん減っていきませんか。
楽しくない、つまらない、そんな顔ばかりが町や村にあふれていたら、みんなの元気がなくなってしまいます。

カフェ・ダノニーで、COCO展を楽しんで、
「あはは」
「おほほ」
「うふふ」

ちょっとでも、ニヤリ、クスリとできる瞬間がつくれたら幸いです。
カテゴリ:川内村会場にて | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0)
よっきゅん さん 発見


マチゴエ撮影会のため、来店中の「yokkyun」さん。
あ、Tシャツをよく見たら・・・
カテゴリ:川内村会場にて | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0)
素敵なお花をいただきました


すてきな花をいただきました。
展覧会には、かわいい花がよく似合います。
カテゴリ:川内村会場にて | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0)
アートと出会う子どもたち


ここ展の作品などを、デジカメ(それも一眼レフ)で撮影しているのは、子どもよっきゅん。
さすが、シャッター切るのも手慣れています。
小さいときからアートなものに囲まれて育つというのは、どんな感覚なんでしょう。

店長は、男の子ふたり、理系なことが大好きな子どもがいます。
小さい赤ちゃんの頃から、家族で美術館によく出かけたものでした。

写実的な絵より、抽象的な現代絵画や彫刻の方が、小さい子どもと遊ぶのには楽しいですね。
線のリズムや雰囲気を、絵の前でポーズをとってまねしたり、「おいしそう」「たのしそう」と感じたことを話したりすると、小さい子どもでも鑑賞できます。
体の動きでまねをすると、それだけよく観察することにもなって、ゆっくりと親子で館内を楽しめます。

彫刻の前で親子して同じポーズというのは結構恥ずかしいんですが、子どもがいれば「変な人」じゃなくなりますもんね。

古典絵画の場合は、宗教的なキーワードになる象徴のモティーフを絵画の中から探すようにすると、ゆっくりと見ることができました。キリストの犠牲を意味する羊とか、命のはかなさを意味する花などのモティーフです。西洋的な古典絵画には多くの意味が隠されているので、細かいところもよく見ると、いろいろな隠し絵が見つかって面白いんですよ。

学校で絵を描くのが好きな子どもさんなら、もっともっと表現してみたいと思うことがあるはずです。
でも、学校の先生が、「自分の考えたことを表現する」ことを指導してくださらなければ、そこで思いは止まってしまいます。こんな表現もあるし、あんなこともできるということがわかれば、子どもはもっと自由に思いを表現することができるようになることでしょう。表現し続けることによって、心の中にある豊かな情感に気づくこともできるはずです。

毎日が楽しくない。
なにか、イライラしてしまう。

そんな大人の方は、心の奥にある本当の自分の気持ちを表現してこなかったか、表現することを忘れていたのではないでしょうか。
心の中にあふれる思いが、行き場所をなくしているから、なんともなしにイライラしてしまうのかもしれません。

絵を見るとか、音楽を聴くといったことは、そうした心の中に潜んでいる「思い」を解放してあげることにつながります。

暮らしの中に、もっとアートを。
ちいさい子どもさん達には、それと気づかないうちにアートに触れて、当たり前のことに。
カフェ・ダノニーからの提案です。


カテゴリ:川内村会場にて | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0)
ココ展ストラップ
DVC00287.jpg
娘達から母の日にバラの植木と手作りストラップを頂きました


ストラップの文字…

cocotenのctn
なんだよ〜

と言ってました

なんとも
うれしいプレゼントです







宝くじのメモ帳ももらったのですが…なんとも微妙な気持ちです

子供は見ているんですねぇ

一獲千金を夢見ている母の姿…
カテゴリ:川内村会場にて | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0)
巣箱プロジェクト進行中
巣箱プロジェクト

カフェ・ダノニー内で進行中のプロジェクト
(↑思いつきがとうとうプロジェクトに)

「巣箱プロジェクト」

ことりこ陶房さんの巣箱が届けられました。
鳥のかわいい焼き物も、ちょこんと乗ってます。こんな表現も「アリ」です。

COCO展のおふたりにも、ぜひ参加をお願いします。
よっきゅんさんに巣箱をお預けしているので、どんな風になるのか楽しみです。

あ、この巣箱は非売品です。
世界にたったひとつの宝物。ダノニーの宝物として大切に展示させていただくことになります。
誰ですか、プレミアがついたらオークションになんて言ってる人は・・・・
カテゴリ:川内村会場にて | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0)
店長のお気に入り その1


西側の壁にかけると、金運アップ。
よっきゅんさんがダノニーのために、すてきな額にしてかけてくれたのがこのイラスト。

黄色の額は、金運アップというけれど、しあわせを感じさせてくれる色。
幸せの黄色いハンカチ なんて映画もありました。

ららさんのイラストを見ていると、とても幸せな気持ちになります。
真っ赤な花の中に天使たちがいっぱい。幸せなエネルギーに満ちたイラスト、そんな感じがします。見ているうちに、こんなお話が浮かんできました。





−−−−−−−

真っ赤なお花畑には、たくさんの天使たち。
これから生まれる赤ちゃんたちのタマシイが、かわいい羽で飛び回っています。

「わたしのママはどこ?」
「わたしのママはどこ?」

真っ赤なお花の蜜を飲んで、どんどん大きくなっていきます。甘い蜜をたっぷり飲むと、これから生まれる赤ちゃんのタマシイはとろ〜んと眠くなって、気がつくと人間に生まれているのです。

「人間に生まれたら、なにをして遊ぼうか」
「やさしいパパ、やさしいママ、早く会いたい」

花から花へ、たくさんの甘い蜜を飲んで、胸の中に夢がいっぱい。
これから生まれてくるタマシイは、元気にあふれています。

−−−−−−−

COCO展は、5月26日まで。
どのイラストも展示、販売中です。

幸せなお気に入りを見つけに、来てみませんか。
ダノニーへの入場は無料ですから、ふらりとお入りください。
カテゴリ:川内村会場にて | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0)
店長のお気に入り その2


小さな額。
小さなイラスト。

いつもの机、仕事場に置いて、ぼんやりながめては気持ちをリラックス。
アートを身の周りの置くと、暮らしがちょっとだけ幸せになります。

ちょっとアンティークな雰囲気の額に、店長はドキドキしてしまいました。
お化粧するときの鏡のそばに置いたら、素敵かな?
いつもよりていねいにメイクして、気取ったお出かけが楽しめる?
手紙を書く、小さな机に置いたら、優しい気持ちでお便りが書けそう。

細く頼りなげな金色の模様に、こころが絡め取られてしまいます。




−−−−−−−−−

ダイジョウブ
ダイジョウブ

あなたの周りで 小さな声がささやいているのが聞こえますか

アナタハ トテモ ステキ
アナタハ トテモ ステキ

小さな声だから 耳をすまさないと聞こえません。

シンパイ シナイデ
シンパイ シナイデ

あなたが笑顔を取り戻すまで 一生懸命 応援しています

イッパイノ シアワセ
イッパイノ シアワセ

いつもそばにいる 優しい天使

−−−−−−−−−


ららさんのイラストを見ていると、とても優しい気持ちになります。
眺めているうちに、手元に置いておきたくなる。
完成度の高いイラストですね。

5月26日まで、COCO展やってます。
お好きなイラストを眺めながら珈琲を飲む、カフェタイムをお楽しみください。



カテゴリ:川内村会場にて | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0)
店長のお気に入り その3


青いタイルが 空の色に 海の色に見える すてきな額。
小さなイラストが収まっています。

イラストと額
互いのデザイン、雰囲気が、新しい物語をうみだす力になります。
だから、額だって大事。


またひとつ、童話がうまれます

−−−−−−−−−−−

ジャスミンの香りに包まれて・・・

中東のお姫様は、花いっぱいの中庭で遊んでいました。
いつまでも、いつまでも。

わたしは、ずっと遊んでいたいの。

気まぐれな神様は、お姫様の願いをききました。
だから7歳のまま、何百年も 花の咲き乱れる庭の中でずっと遊んでいるのです。

お姫様は、ほんのすこしだけ 魔法が使えるようになりました。
気まぐれなおまじない。
夢をかなえてくれる、魔法です。

アナタノ ユメヲ カナエテアゲルワ

約束しても忘れてしまったら、ゴメンナサイ

−−−−−−−−−−−−−−

なにかを決めたり、なにかをはじめるとき
ちょっと自分を押してくれるものがそばにあると、勇気がわいてきます。
山奥の村でカフェをはじめるとき、夢を実現するには、たくさんの勇気が必要でした。

もうダメかもしれない。

そんなときは、気まぐれな天使の魔法にだってすがりつきたい。
どんなに暗い夜でも、いつかは夜明けがやってくる。
アートは、そんなときのおまじないになれそうです。

COCO展の企画をよっきゅんさん、ららさんからいただいて、カフェでコラボ展を行っています。イラストを見て、多くの人が幸せな気持ちになれたらステキです。カフェは飲食するだけの場所ではありません。場所そのものが、なにかを生み出す力を持っている、それがカフェ。山奥の小さなカフェの試みです。
カップの中から、なにかがはじまりますよ。


カテゴリ:川内村会場にて | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/3PAGES | >>